Yuina Wada Exhibition "Healthy Body"

9.17 sat - 10.9 sun 2022

Now I'm in front of a person who has critically ill, then I think anything else which I had been wondering is not important.

Because I cannot tell him/her any topic how to live.

For him/her, how to live is just if medical will be succeeded. Now.

I feel there is nothing if I tell anyone any topic what doesn't reach him/her who is in front of me.

 

I wrote "in front of me" but that's figurative expression.

In reality, there is a wall in front of me. There is the person beyond that.

 

Physical illness lives in one person.

As you know, "Infection prevention" is done by emphasizing that each person has each body.

Make a wall between us and don’t see each other. Until he/she will get well.

Really Lonely

But no choice, loneliness is inferior to physical illness.

If I am busy feeling lonely, that's probably why I have "Healthy Body".

 

After all, I am healthy and Now I just see the wall and believe that he/she is alive beyond that.

 

けんこうな体

 

重い病のひとを前にして、いろいろ悩んできたこと大体どうでもいいな、と思ったりしている。

だって、どう生きるか、みたいな話、そのひとにできない。

そのひとにとって、生きるとは、医療が成功するかどうかでしかないからだ。今。

目の前のひとに届かない話を、ほかのだれにして、なにになるんだろう。

 

「目の前」って書いたけど、比喩表現です。

ほんとうは目の前に壁がある。その向こう側にひとがいる。

 

体の病は、1人に宿る。

みんな知ってると思うけど、「感染予防」というのは、1人1人の体が別々であることを強調することによってなされる。

壁を立てて、会わない。治るまでは。

すごくさみしい

でも仕方ない、さみしさは体の病に劣る。

さみしさにかまけていられるのは、体がけんこうだからだとも言える。

 

要するにじぶんはけんこうで、今、目の前の壁を見つめながら、きっと向こう側でも生きてるって、信じるばかりです。

ABOUT ARTIST

WADA Yuina

Painter.

Born in 1989 in Gifu, Japan. 

Graduated from Nagoya University of the Arts.

Work with Gallery Delaive (Amsterdam).

Prized GEISAI#17 Shin Suzuki Award,

Genron Chaos*Lounge New Art School Takeshi Natsuno Award.

With interest in "picture, heart and family," 

Have organized "Home of Shinkazoku" since April 2017 (http://oekakinoouchi.xyz/).

In March 2019, A picture book "Ms. Empty" was published by ART DIVER.

 

Main exhibitions:

2013-2014 Solo exhibition Gallery Delaive, Amsterdam

2018-2019 Painting Exhibition "Shinkazoku" various locations in Tokyo

2019 "Baby Rental", a project within the Aichi Triennale, around Toyota City Station, Aichi

 

2021 Solo exhibition "Half Twintail", BLANK, Tokyo

 

【プロフィール】

 

和田唯奈

画家。

1989年岐阜県生まれ。

名古屋芸術大学洋画2コース卒業。Gallery Delaive(アムステルダム)所属。

GEISAI#17鈴木心賞受賞、ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校第1期夏野剛賞、2期上級コース卒業。

「絵と心と家族」への関心から、2017年4月より『しんかぞくのお家』を主催(http://oekakinoouchi.xyz/)。

2019年3月には、絵本『ぽっかりちゃん』をART DIVERより刊行。

 

主な展覧会:

2013-2014年 個展 Gallery Delaive(アムステルダム)

2018-2019年 お絵描きのお家による絵画展『しんかぞく』 都内各所、B.Esta337(東京)

2019年 あいちトリエンナーレ内企画『レンタルあかちゃん』 豊田市駅周辺(愛知)

2021年 個展『ハーフツインテール』BLANK(東京)

LOCATIONS

BLK GALLERY KOENJI

Tokyo Suginamiku koenjikita 2-35-11-102

DIRECTION

BLK GALLERY GREENPOINT

192 Nassau Ave, Brooklyn, NY 11222,United States

DIRECTION